日田天領まつり・千年あかり

平成17年千年あかり

 日田天領まつりの前夜祭というイベントです。(天領まつりの前から開催されます)
平成26年の開催日は、11月7~9日の3日間。天領まつりは、8日(土)9日(日)

 平成17年(写真は、平成17年)、会場となる花月川では、国交省による環境整備事業で、遊歩道などか整備されて、川に親しむ環境や景観がすごくいいものに変わりました。この整備事業の完成を祝って行われたのが始まりでその後、天領まつりの前夜祭という時期に開催されているのが千年あかりです。

 天領まつりに千年あかりが加わって、人出もぐっと増えてすごい人です。
 車で来られる場合は、事前に駐車場などを調べる方が良いかと思います。
 下記の日田市ホームページでは、駐車場及びシャトルバスのご案内もあります。

 平成21年には、国交省の「手作り郷土(ふるさと)賞」を受賞しています。

 天領まつりは、伝統的建造物群保存地区でもある豆田町の町並み保存とマッチさせたイベントです。古い町並みを持つ豆田町。江戸時代に幕府の直轄地、天領の町並みをそのまま残した通りを日田代官(西国筋郡代)の着任行列を再現したものです。
 行列のコースは、市内中心部まで続きますが、やはり豆田地区に見物の方が集中しますね。

 そして、夜は千年あかりが楽しめます。お昼から夜まで楽しめるイベントです。

 当日は、この行列のほかにいろいろなイベントが豆田地区を中心に行われます。

詳細については、日田市ホームページでご確認ください。
http://www.city.hita.oita.jp/kanko/page_00005.html

 日田市のページでは、「イベント内容の案内」。「特別イベント内容の案内」、「シャトルバス・交通規制の案内」、「会場の案内図」などを確認できます。

西国筋郡代着任行列多くの人たちの豆田町平成24年千年あかり 写真は、平成24年の千年あかりです。

 この年の7月、「九州北部豪雨」では、会場となる花月川はこれまでにない洪水で「千年あかりの開催は、できないのでは?」という状況でした。それでも、地域や国交省、地元の事業者などが一体となって復旧に取り組み、開催されました。

がんばろうひた